トップページ

有限責任事業組合 遠隔看護支援協議会では、皮膚障害を有する患者さまとケアされている方の負担軽減を図るために、関連規定の標準化・見直しや支援システムの開発を行っています。

新着情報

2017年2月 1日
これまでの任意団体であった遠隔看護支援協議会は、本日(2月1日)付で、「有限責任事業組合 遠隔看護支援協議会」として改組し、引き続き活動して参ります。
2017年1月25日
現在商用提供している「テレナケア」の機能拡充など、ICT技術を活用することで、よりよいシステムの提供を迅速・確実に行うために、来る2月1日に、これまでの遠隔看護支援協議会を「有限責任事業組合 遠隔看護支援協議会」に移行致します。